ダチョウいくら部の上島竜兵さんってなぜ?

rock formation during night time お笑い芸人
Photo by Pixabay on Pexels.com
上島竜兵さんの画像

ダチョウ倶楽部での3人でされる、コントがなんとも言えない感じで、楽しく見れていたのも

一年前のことで、月日の早いことを感じます。

コロナ禍の中で、平成の大コメディアンである、志村けんさんが、コロナで旅立たれ、

そのことを、深く考えられていたのでしょうか、

TBS地上波で

『中居正広の金曜日のスマイル」たちへ』

上島竜兵さんの奥様の光さんが、波乱に満ちた夫婦生活や、

芸人仲間との付き合いから見える生き様などを、取り上げるそうです。

生前最期に奥様に宛てた手紙には何が、どのような思いで書かれ

れたものなのでしょうか?

なぜ、どのように亡くなられたのか、

ダチョウ倶楽部の上島竜兵さんを調べてみようと思いました。

上島竜兵さんってどんな方

名前             上島  竜兵さん (本名上島 龍平)

生年月日           1961年1月20日~2022年5月11日」

出身地            兵庫県丹波市春日町

育ち             兵庫県神戸市垂水区

所属事務所          太田プロダクション所属

卒業学校           神戸市鈴蘭台中学校、神戸市村野工業高等学校

星座             山羊座

血液型            AB 型

配偶者            広川ひかるさん

上島竜兵さんは、なぜ亡くなったの?

上島龍平さんの奥さんである、広川 ひかるさんが、

本名の上島 光さんの名前で『竜ちゃんのばかやろう』を

上島さんとの夫婦生活や、亡くなる直前まで書かれていました。

上島光さんより

「今まで飲み歩いて家に寄りつかなかった人がコロナ禍になって、

飲みに行けないのは『本当につらい』と漏らすこともあったんです。

そんな中、〝人生の師匠〟と慕っていた志村けんさん(享年70)

がコロナ感染に伴う肺炎で亡くなってしまった。

ショックは計り知れないものがあったようで、

一生懸命、心に折り合いをつけようとしていたんですけど、

整理できなかったのかなって。

(上島が)亡くなる直前に様子がちょっと不安定なことにも気づいていたのに、

嫌がる本人を無理してでもなぜ病院に連れていかなかったのか、

今でも後悔が押し寄せてきます」と話されています。

また本の中にも書かれています(竜ちゃんのばかやろうより)

5月10日の夜、11時すぎくらいでした。

タバコを吸いに部屋から出てきたのですが、様子がおかしくて。

泣いているような状態で『死んじゃいたい』と言い出したので、

一人で寝かせるのは心配だな、今日は同じ部屋で寝たほうがいいなと思い、

戸締まりして、電気を消して、部屋に行ったら……っていう感じでした。

心の病気だったのでしょうか、急にそんなことになるとは、奥様も

考えつかなかったのだと思います。

 携帯電話を手に持っていたので、

すぐ119番して、心臓マッサージをして、

マウストゥーマウスで人工呼吸をしました。その時点で息が止まっていたかどうか、

私にはわかりませんでしたが、意識はなかったです。

そこから一度も意識は戻りませんでした。  

見つけてからの動きに無駄はなかったし、異変を感じてから部屋に入るまで、

10分もたっていないと思います。本当に、一生の不覚というか、後悔ですね。

こんなことになって……

上島竜兵さん死去。61歳、「ダチョウ倶楽部」のメンバーとして活躍【UPDATE】
所属事務所は「あまりにも突然のことで驚きに堪えません」とコメントしています。
ハフポスト日本版編集部
2022年05月11日 9時8分 JST
|更新 2022年05月11日 JST

恐ろしい心の病気

上島竜兵さんは、ふだんから睡眠導入剤とアルコールを一緒に摂取していたそうです。

「その夜」もそうだったのこと。 奥様より「20年くらい続けていました。

もう、ずっと注意してたんです。

それをしていたら、鬱状態になるから、いけないよって。

よくお酒と睡眠導入剤を飲んで、部屋をうろうろするんです。

それで転んだり、何か食べようとして火傷したりとかして、年中、注意してたんです。

たいへんなことになるよって。

本人も、周りの家族も分からない間に、罹ってしまう心の病気

自分で、「おや!もしや私、心の病気に罹っているかも」って気づける

症状がハッキリと体みたいに、熱が出るとか、

頭が痛いとか、お腹が痛いとかなればわかりやすいのに・・・

誰もが分かる心の病気発見

ネットで調べてみました

抑うつ気分

「抑うつ気分」と聞いてピンとこない方も多いのではないでしょうか。

「憂鬱」や「落ち込んだ気持ち」と言えば分かりやすいと思います。

抑うつ気分の症状として、以下のような気持ちになることがあります。

  • 急に泣き出したくなる
  • 世間がどうでもよくなる、ばかばかしくなる
  • 怒りっぽくなる
  • うつ病の悲しみを否定したくなる

抑うつ気分はどれくらい続くの?

抑うつではない方でも、気分が落ち込むことはあります。

仕事で失敗した時や人間関係がうまくいかない時は抑うつ気分を感じる方が多いです。


しかし、うつ病の場合、この抑うつ期間が長く続いてしまい、

仕事や勉強などに支障が出てしまいます。抑うつが続く期間は一日中、

ほぼ毎日、2週間以上が目安となっています。

抑うつの感じ方は人それぞれ

抑うつの感じ方は人によって異なります。抑うつはこころの症状ですが、

こころの症状よりも身体の症状が強く出ることもあります。


身体の症状としては、痛みや寝られない・寝すぎる、食欲が出なくなるなどが挙げられます。

身体の症状が強い場合、検査をしても異常が発見されないため、

うつ病と分かるのが遅れてしまうこともあります。


もしうつ病かもと感じたら、診断をしてもらうのがおすすめです。

「不安感」や「焦燥感」を強く感じることも

うつ病と言えば「抑うつ気分」のイメージが強いものの、

実際には不安や焦りを感じてしまうこともあります。

うつ病特有の「不安感」や「焦燥感」について解説します。

うつ病の人にあらわれやすい「不安感」

うつ病でない方でも、普段の何気ない生活で不安を感じることはよくあります。

しかし、うつ病の方が「不安感」を抱くと、じっとしていることができなくなってしまいます。


また、誰かと会話をしている最中も不安感から、自身の心配事を話すだけで、

会話が成り立たなくなることもあります。

うつ病の人にあらわれやすい「焦燥感」

「不安感」と同じように、普段の生活の中で誰もが焦りや怒りを感じる瞬間はあります。


うつ病の場合、焦燥感を感じるとじっとしていられない、手首を回したくなる、足踏みをする、

皮膚や服をこするといった症状が見られます。


ただ単に落ち着きがないという限度を超えて、誰が見ても明らかに分かるほどの症状がある場合、

うつ病を疑ったほうが良いでしょう。

「不安感」や「焦燥感」による悪循環

焦ってイライラしていると、周囲にあたってしまうことも良くあります。

うつ病になっていると周囲にあたることに対し、自分自身を責めてしまう傾向が強いです。

そのため、周囲にあたった自分自身を責めてしまいます。

そして、さらに不安感や焦燥感を感じてしまうという悪循環に陥ることも少なくありません。

うつ病で感じる「希死念慮」とは?

うつ病になると、「消えてしまいたい」、「遠くへ行きたい」、「自分なんかいなくなれば良いのに」

と感じることがあります。つらい気持ちが続くと、次第にこんな状況から離れたい、

楽になりたいと思うようになります。


特に高齢者は希死念慮が強い傾向にあるので、ご家族の方が見守ってあげましょう。

うつ病になると、自分を過度に責めてしまうことも

うつ病になると、集中力が衰え、いつもならできていたことができなくなってしまいます。

思うようにいかず、「生きていても仕方がない」、「こんな自分が情けない」

と自分自身を責めてしまう方も多いです。

ある調査によると、うつ病患者のうち71%がこのような傾向にあります。

うつ病による「意欲・集中力の低下」

うつ病になると、何事に対しても意欲がわかず、

以前までやっていたことも億劫になってしまいます。

仕事や趣味に対する意欲の低下だけではなく、

歯磨きや着替えといったことも億劫に感じる方も少なくありません。


また、会話やほんの内容が頭に入らず、「頭の回転が遅くなった」

ように感じることもあります。質問に対する返答が遅れたり、

返事ができなくなったりすると感じることが多い場合、うつ病の可能性があるので、

一度検査をしてみましょう。

周囲の人は誤解してしまいがちですが、

「怠けている」のではありません。うつ病かもしれない方が周りにいたら、

責めてはいけません。責めてしまうと余計にうつ病の症状が悪化することもあります。

person on top of a hill
Photo by Mayu on Pexels.com

まとめ

目に見えない心の世界、

でも人間は、その気持ちのエネルギーを良いも悪いも感じてしまい、

受けてしまいます。

昔は、目に見えるものが全てだと思っていました。でも

そうではなく、目に見えない物が、感じるのも人間です。

それによって、具合が悪くなったり、

「消えてしまいたい」、「遠くへ行きたい」、「自分なんかいなくなれば良いのに」

と自分を攻める気持ちになってしまうのではないでしょうか

優しいく、人の気持ちが分かる方なら以上に受けてしまい

心が傷ついてしまうのではないでしょうか 

そう思います。

上島竜兵さんも、とても優しい方だったようです。

調べると上島さんは

「笑われようと、笑わせようと、そこに笑いさえあれば、変わりはない」を持論としています。

逆に、「人をさげすんだ笑いはイヤ」とも語っています。

テレビなどで見せる、リアクション芸とは裏腹に、同業者(芸人)間では

「繊細な性格をしている」や

「仕事に対して真面目すぎる」などと評されていました。

真面目で感じやすく、優しい方だったのですね。

上島竜兵さん、笑顔はいつもみんなに幸せを与えてくださいました。

ありがとうございます。

奥様の光さんの、喪失感と辛さがしみるほど伝わります。

ぜひ、奥様もお体に、気をつけていつまでも元気でいていただきたいと

思います。

photo of a turtle swimming underwater
Photo by Belle Co on Pexels.com

最後まで読んでくださり本当にありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました