木村拓哉さんがテレビに出ないのはなぜ?

green grass field near river and tree タレント
Photo by Pixabay on Pexels.com
 木村拓哉『教場』

家族は、私ふくめて木村拓哉さんが大好きです。

確かに顔もスタイルもかっこよくて、大好きな方は世界中に

たくさんいると思います。

しかし、木村拓哉さんが話される言葉や、

いろんな出来事が起きたときの

振る舞いが、義理や思いやりがあっての

行動のような気がしてならないのです。

物事を損得で立ち回らない、周りの環境に

左右されない自分軸の強さが

木村拓哉さんの真の男前を作り上げていると思います。

木村拓哉さんがしていたCM

タマホーム

マクドナルド

日産

日本スポーツ振興センター

大正製薬

タウンワーク

今はテレビでは観ません

なぜそうなったんでしょうか?

事務所の問題だけでしょうか?

『SMAP』解散の問題でしょうか?

今の木村拓哉さんアンチの存在

私が木村拓哉さんや『SMAP』を知ったのは

20代後半の頃で、仕事場のお客さんから

知ったのですが、その頃の『SMAP』はまだ若くて

少年と言った感じでした。

それが、バラエティーからドラマ、歌をうたい

日本国民のスタートして、

『SMAP』は国民的アイドルとなりました。

しかし『SMAP』はその後

独立、解散とごたごたした中で木村拓哉さん

だけが、元の事務所に存続するということ

になり

世間から「裏切り者」っとレッテルを

貼られたようになったのです。

週刊女性PRIMEの(文章皿乃まる美さん)より

ネットニュースに木村拓哉の名前が躍るたびにコメント欄があれる

という現象が起こるようになって久しい。

人気凋落のきっかけはもちろん、『SMAP解散のゴタゴタ』

に端を発していることは言うまでもない。

”16年1月に衝撃の『SMAP独立』報道のとき、

メンバーの中で木村さんだけが直前の段階になって

事務所脱退の意向を翻し、計画が頓挫したと報じられた。

グループを”空中分解”させた張本人として、

ネットメディアなどでイジり倒されたのは3年前のこと

(テレビは黙殺したが)

この記事が2019年に書かれた記事のため、3年前になるが

今は2023年です。解散のゴタゴタが7年前のことになります

しかしいまだに

スッキリとしないのはなぜかと思います

当時、マスコミが総力取材にあたった結果、どの週刊誌も

「キムタクは裏切り者」と同じ論調だったことがすべての

始まりだった。

加えて今の今まで、元メンバーおよび事務所が当時について極力

触れないようにしていることも、物語の真実味を強固にしてしまっている

感じがある。

こうなってしまうとファンだけでなく世間の人々も、


「あっ……これ、本当の話なんだ……」

と信じて落胆してしまうのも当然ではないだろうか。

「週刊女性PRIME

記事には書いてありますが、深い真実を明らかに

されずに、何度も「裏切り者」と言われると

決して何かあるのだと思っても

そのイメージがついて回るのは

怖いことだと思います。」

キムタク=悪役という構図が世間の共通認識なっていくにつれ、

次第にネットの「キムタク記事」へのあれかたが

尋常じゃなくなっていったと記憶している。

その後記事は

後輩の二宮和也さんとの映画での共演をすれば

「ニノにおんぶにだっこ」

「先輩面が酷い」

「偉そう」

「態度がでかい」と叩かれる。など

非難殺到になります。

「2023年1月に上映された「レジェンド&バタフライ」

で2022年に岐阜信長まつりには、

木村拓哉さんの騎馬武者行列でかなりの

人が岐阜に集まり、テレビでの中継も

かなりの方が観たと思います。

やはり、日本国民は木村拓哉さんの

ことが好きなのだと思います。

それでも、いつまでも叩きが終わらないのは

不思議だと思います。

なぜ、どうして、いつまでもキムタク叩きは終わらない?

週刊女性PRIMEの(文章皿乃まる美さん)より

「なぜ、どうして、いつまでもキムタク叩きは終わらない? 

その答えの一片を『週刊文春』(4月25日号)に見た気がしました。

それは{SMAP再結成匂わせ中居正広の二枚舌}

と見出しが打たれた3ページに及ぶ記事。

中居さんがてれびで「グループ再結成」を匂わせる発言をする

ウラで、新たな冠番組をスタートさせるに

あたり、ひそかに事務所と契約更新を結んでいたという内容のものだ。

あくまでも中居さんの”自己保身”について特集された記事ではあるが、

このような話題が出るたびに読者は、どうしても

空中分解のキッカケとされた「木村拓哉さんの決断」を

思い出してしまう。

現に同号の『文春』には中井さんが

「あのとき、木村さえ裏切らなかったらな」

と知人に漏らしたという発言も掲載されている。」

SMAPはどの人も個性があり、大好きでした。

中居さんも好きですが、

幼い頃から共に仕事をして、

共に歌も歌って番組も作ってきて

円滑な人間関係が作り上げれていたら

たとえ離れていても

「あのとき、木村さえ裏切らなかったらな」

っという言葉は出ないでしょう

少なくともメンバーの気持を

考えて「一人ひとりのきもちもありますからね」

などぼかして言うと思います。

では木村拓哉さんは、人を裏切る人なのでしょうか?

木村拓哉さんの秘話

2023年の1月しゃべくり700にて

2015年に放送されたドラマ「アイムホーム」で共演したという

高橋來さんに、色々話をされたそうです。

高橋さんが疲れて、スタッフへの態度を悪くしたとき。

木村さんは「來!スタッフにそういう態度は良くないぞ!」

と注意したそうです。

また、高橋さんが拗ねて

「僕なんかいなくなっちゃえばいい」と高橋さんがこぼした際に、

「いい加減にしろ」と起こったそうです。

そのエピソードに対して木村拓哉さんは

『「やりたくない」とか「嫌だ帰りたい」とかだったら全然いいんですけど、

「ぼくなんていなくなっちゃえばいいだ」っていうことを言ってしまった

当時の來くんに対して「絶対それだけはいうなよ」と怒ったという。

説教を受けた高橋さんが号泣してしまったことを明かす

この言葉を絶対に言うなっと言うことは、納得します。

高橋さんの今後人生において、「自分自身を自分でいなくなれば良い」

なんて後ろ向きな考えは、誰でも絶対使わないほうが良いです。

人気ドラマのHEROをしているときに

警備員役の人からスタッフの名前まで覚えられていた。

・文春オンラインでより

スマスマAD名城さん(スマスマADのころ)が、

木村拓哉さんにものを申したことの話

当時高校生だったプロゴルファーの宮里藍さん

と木村さんがゴルフ勝負のとき

木村拓哉さんが、勝負にリードした時に

「イェーイ」とはしゃがれる

姿に、AD名城さんは、「大人げない」とまだ高校生のプロになりたての

宮里藍さんに対して、露骨に勝ちに喜ばれている姿を見て

「木村さん。勝とうとしていませんか? 僕は納得できません」と

言った時に、木村拓哉さんはおこらずに、「そうだよね」

笑いながら「でも勝負だからな~」

と話されただけだったそうです。しかし

AD名城さんは、後でデレクターに又同僚にも怒られたそうです。

「カレの存在の見え方をちゃんと考えれているのか」っと

でも木村拓哉さんとAD名城さんとは

そこから信頼関係が生まれ、何度も仕事によんでもらい

今はデレクターになられています。

木村さんは

幼い頃から、ファンのために、ファンの期待に答えるために

走ってこられながらも、謙虚に

スタッフのことも考えれる木村拓哉さんが

自分は事務所に残ると判断して決めたのは、

すべて解っていて、どう言われるのも解っていて

それでも自分で決断したことなので

裏切り者と言われても

弁解をしないのは

逆に男らしいと思います。

まとめ

木村拓哉さんだけではなく、奥様の工藤静香さんも

SNSに料理を上げると、酷い叩かれようです。

お子様2人を立派に育てて、家庭を守って行くのは

大変です。

また

事務所問題に対しても木村拓哉さんが

一言コメントを出しても

注目が集まってしまいます。

今「SMILE-UP.(スマイルアップ)」

と社名が変わり、社長も新しく外部から

福田淳氏を迎えて新しく始まろうとしてい

ます。

すべて、任せてコメントなどは控えているため

テレビの出演も控えているのではないでしょうか

ご自身の立場や影響を考えた上で

あえてテレビに出ないのではないかと

想像してしまいます。

世間から何かと注目されてしまう家族ですが

私は

素直に素晴らしい家族だと思います。

叩く文章をネットで流すことの方が

いかがなものだろうか?と不思議に

思います。そう思う

私のように疑問を持つ人間は

変わっているのでしょうか?

最近ご夫婦の写真が出たり

家族の様子の写真を見ると、

きれいで可愛らしくて、素敵だなっと

思いました。やっぱり日本国民全員が

知ってる大スターなのだと思います。

ネットで叩きや非難、中傷などない

クリーンなネット社会を願っています。

panoramic photography of green field
Photo by Ákos Szabó on Pexels.com

最後まで見てくださり本当にありがとうございます。



 

コメント

タイトルとURLをコピーしました