猿岩石だった有吉さんの相方は誰?

pine trees under blue sky during golden hour お笑い芸人
Photo by katja on Pexels.com

お正月番組で、どの番組にも有吉さんが

出ていて、いたずらっぽく、どこかあどけない表情で

笑う有吉さんを観て、「そう言えば、昔猿岩石って言う名前で

テレビに出ていたよね」と家族と話をしていました。

主人が「相方はどうしてるんだろうね」っと話題に上がり

19696年頃「進め電波少年」でヒッチハイク

をしながら、工夫をして旅をする番組で

過酷な状況ながらも、前進するお二人が

番組の象徴のようで、とても人気のある番組でした。

有吉弘行、森脇和成

今回、有吉さんと共に旅をした、森脇さんが気にない

猿岩石の結成から、森脇さんの今の生活を

調べてみようと思いました。

「猿岩石」になるまで

有吉弘行さんと森脇和成さんは、小学校、中学校、高校の同級生で

18歳の有吉さんは、EXテレビのオーデション企画でオール巨人の

弟子入りが認められました。しかし8ヶ月後兄弟子とのトラブルで

謹慎を命じられ広島に戻った後1994年の4月に森脇和成さんを誘い

猿岩石を結成する。

猿岩石の名前の由来

学生時代の同級生のあだ名を、かけあわせて名付けたそうです。

2人での活動

1994年6月2人揃って広島県からバスで上京。

上京後しばらく文京区後楽園周辺で野宿をしていた。

1995年2月、太田プロライブで初舞台を踏む。

同年10月フジテレビ制作の若手ネタ見せ番組

「新品部隊」のレギュラーに抜擢されるなど、ネタの実力

の評価されていた。

大きく運命が変わるとき「進め電波少年ヒッチハイク企画」

1996年4月、テレビ番組で『進め!電波少年』の企画で「だまされて」

香港に連れてこられる内容で

この企画のオーデションには、バナナマンや劇団ひとり

らを含む多くの芸人が参加をしており最終選考のときに

猿岩石の二人は

「東京ドーム付近で野宿したことがある

(文京区後楽園周辺)」という経験を買われて選考された。

目隠しをされ香港に連れてこられて「イギリスまで

ヒッチハイクで行け」と告げられ旅が始待ったそうです。

令和の時代では本当にない企画ではあるが、

1996年のあの時代、とんでもないところに

連れてこられてもなんとか、目的に向かって

前進する彼らがとても好感度が上がり、どこかハラハラしながら

観ていました。

猿岩石(有吉さん森脇さん)は

「最初は『いつでもリタイアできる、所詮はテレビの企画』と

いう甘えがあった」と話されていた。

よく海外のサバイバル体験のように、「本当に無理体力的にも

精神的にも駄目だ」っとなったらリタイアする番組があるように

その頃の猿岩石のお二人は、自分たちもそうできるだろうと

思っていたのかもしれません

驚くほどの人気、跳ね上がる視聴率!!

そんな、彼らの気持ちとは反対に、過酷な旅の模様は徐々に

人気を博して行くことになり、

1996年10月に無事にロンドンにゴールした頃には

2人は全国民的な知名度を獲得していた。

旅の応援歌として、サンプラザ中野の「旅人よ~The Longest Jourmey 」

も高評価となり、書籍の「猿岩石日記」もシリーズ累計250万部

のベストセラーとなる。

猿岩石がロンドンでゴールした際の特番内で、

ヒッチハイク第二弾である「南北アメリカ大陸縦断ヒッチハイク」

への挑戦を提案された。二人はこれを断って帰国を選択する。

まだインターネットの未発達の時代に約半年を海外で過ごしたため

猿岩石の二人は自分たちが一躍人気者になっていることも

知らないまま日本に戻った。

旅中の猿岩石
有吉さんと森脇さん

人気絶頂期

旅の間、危険地帯の横断を回避するために、3回飛行機を使用

番組内で公表はなかったが、無事に帰国できたことは何よりである。

12月秋元康氏のプロデュースにより、

藤井フミヤ氏・藤井尚之氏兄弟提供の

「白い雲のように」をHEATWAVE(現・日本コロンビア)から発売

曲は、旅のヒッチハイクを連想させる曲でミリオンセラーとなり

1997年の『第39回日本レコード大賞』の新人賞を受賞する。

解散

猿岩石の二人は2004年3月に

有吉弘行さんはお笑い芸人志向、森脇和成さんは役者・音楽家・実業家

という方向性の違いにより解散をする。

森脇さんは実業家へと転身して一時芸能界を引退していたが2015年

より芸能界に復帰をしている

有吉さんと森脇さん

サパークラブでの森脇さん

森脇さんは、解散する前に副業でサパークラグ等の飲食店を経営していました。

森脇さんは、20代前半の頃から六本木で飲み歩いていて

友人から「毎日飲みに来ているのだったら、自分で店をやったら?」

と勧められて、タレント活動と飲食店の店長を務めていたことも

あるらしいです。

「サパークラブ」とは

食事もできるこじんまりとしたナイトクラブ

キャバクラのアフターとして利用されることが多く、

女性を口説くアシストや、その一方で女性たちがお持ち帰り

されないようにフォローしたりする仕事もある。一番大変で

苦労するのは、帰りのタクシーの”乗り際防御作戦”

で、男性側の女性と二人で乗りゆっくりしたいっという思いと

女性側のそれを避けたい。

その為スタッフがあえて知らない人を同乗させたり、

どうにもならないときは

森脇さん自身が乗ったりしたそうです。

かなり心理戦ですよね

あまりにも、女性を守る側に徹してしまうと

男性のお客様に良い思いはしないと思うので、

結構難しいく危険で厳しい職業です。

それだけではなく、

店内では、スタッフがトークやカラオケ、一発芸など

場を盛り上げたりします

結婚

2007年一般女性と結婚

馴れ初めは、サパークラブで務めていた頃に出会い

家事手伝いの一般女性と結婚

結婚式、披露宴も芸能界の方は呼ばずに子供1人出産される。

すれ違いなどがあり、4年後に離婚されている。

親権は女性の方に渡ったそうです。

森脇和成さんの転職歴

2004年:猿岩石解散後ホストとして働く、サパークラブ経営

2006年:株式会社スクラッチ(現:ESPパイオテックラボ)

    専務取締役を務める。

2007年:一般女性と結婚1児を設ける。子供のためにクラブ閉店する。

2008年:株式会社スクラッチ(現:ESPパイオテックラボ)

    を退職する。

2009年株式会社TripleAという会社のホームページに登場する。

2011年:時計業界に在籍する。

2012年:地元広島のカレー屋「ボンベイ」で店長を務める。

2014年:新彼女と同居していることをスクープされる。

2015年:南青山のブランド品の輸入販売店

    「CORIOLIS(コリオリ)」に勤務する。

今現在2024年

猿岩石を解散してから20年はたつ

その間サパークラブを経営したが、他人任せのため結果

六本木の広さ50坪の店は半年で閉店

家賃、保証金で2000万円使い、売上も伸びなかったので

300万円の借金を背をってしまった。

借金を返すのに7年間夜の世界で働いて

返済をしている。

2015年7月20日の放送分

「しくじり先生”俺みたいになるな!!」に

出演。

森脇さんは、「しくじり先生」のオファーを受けて以降

打ち合わせを重ねる過程で自分の人生をじっくり見直した

として、出演中にサラリーマンを辞めたと発言。

既に辞表は提出したとされている。

2015年森脇和成さん芸能界復帰

2015年に太田プロではなく、辺見プロモーション

から芸能復帰をしたが

2019年に有限会社センシティブ・プロデュースと名前が変わり

それと同時に代表取締役が交代をした。

交代程なく所属リストから外れ今は事務所に所属せず

にフリーで活動をしている。

​​劇団ノーティーボーイズ

劇団ニーティーボーイズは

主催である中島大和と元TBS の遠藤環ドラマデレクター

&プロデューサーを中心に旗揚げ

年に1から3回のペースで作品を発表し続けている。

現在この劇団に所属し活動をしている。

森脇和成

まとめ

主人の一言で、猿岩石であった森脇和成さんを追って

調べてきましたが、

いかに当時の猿岩石が有名で注目されていたのかわかる

ほど、調べればすぐに森脇和成さんの事が乗って

います。まだ若い少年であった、

彼らが猿岩石として旅をして、有名になりましたが

二人の目標の違いで、解散

有吉弘行さんは、いつもテレビに出演しているスターとなり

森脇和成さんは、人生の迷路に入ったようにいろんな経験を

されています。

今回森脇和成さんを調べていくうちに、どこか親近感がわき

引き込まれてしまいました。

現在

劇団ニーティーボーイズの劇団に

所属されて活動をし頑張られているそうです。

彼のこれからの活躍と

芸能界への復帰の道を見つめていきたいです。

photo of a turtle swimming underwater
Photo by Belle Co on Pexels.com

最後まで見てくださりありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました